まさか妻が浮気?離婚までの道のり

価格変動リスクの計算の仕方

前回はFXのリスクは損をするものではなく価格が変動するリスクだと書いたと思います。
なので今回はその価格変動リスクの求め方を書いていきます。
まず、この価格変動リスクはボラティリティというものです。
この計算式は年間(過去20年ぐらいまで)の変動率(平均の値段の変化する値)をもとめて標準偏差を求めるというのが一般的なやり方です。
また、FXにはボリンジャーバンドと呼ばれるテクニカル指標があります。
これは全部で6つの線で構成されているのですが。
このボリンジャーバンドはだいたい1本目の線には65%の確率でおさまり、日本目の線には92%の確率で収まるというようなものです。
またこの価格というのもボラティリティを求めれば簡単に計算できるので、リスク管理という面ではリスクを知るというものが非常に大切になります。
このような計算をしてから自分で)92%のところにおさまるようにポジションを持つことが最も効率的なリスク管理だと思います。
詳細は⇒トラリピ 設定ココから確認。